主人公
☆デカ柴スーちゃん(夢寿姫号)☆

スーマニア@オノダ

Q:スーちゃん愛用品は?
A:歯磨きは徹底してますヨ♪↓
Q:わんこ宿はどこで探すの?
A:わんこと同室宿泊OK~♪↓
Q:あの長いリード何?!
A:『軽量ロングリード20m』です♪↓
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
ブログ検索フォーム
わんこ情報はこちらからどうぞ♪
例:『宿 京都 わんこ』など↓
オノダに物申す~!!
ご質問、コメント等はどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別ブログ
ランキング挑戦中!
↓1日1回お願いします♪↓ banner.gif

こちらもポチッと・・・↓
人気ブログランキング
にほんブログ村に参加中♪
内容別ブログ
カレンダー
青い所は更新した日です♪
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スーちゃんはいくつ?


手作りは怖い

ーあなたの怖いものは何ですか?-

おばけ、ジェットコースター、地震、火事・・・・etc
怖いものって色々あるけど普段の日常で『不意打ち』な出来事ほど怖いものはありません。


そう、
私の一番怖いものは「他人の手作り料理」です。


※他人の手作り料理を躊躇なく美味しく頂ける方でご不快な想いをさせてたら申し訳ございません。一度は謝りますが、二度目は謝らないので『続き』を開くかはご自身でご判断下さい。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(・з・;)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




私:「初めて義母さんの料理食べる時怖かったよ、口に入れる瞬間勇気いったもん。でも今は躊躇なく食べられるよ、料理自体美味しいからね(´∇`)」

旦那:「分かるよ。俺は、よそのおばさんが握ったおにぎりは絶対食べられない、超怖いよ。それに、体が大きいからいっぱい食べるだろうと思うのか、どんどん食え!って言われる事が多いんだぜっ」

私:「体が大きいとそんなつらい目にあってるんだ・・・」

旦那:「まぁ、そんな時は『おなか痛い』ってウソついて食べないけどね~(`∀´)!」


・・・想像して下さい。

あなたは友達の家に遊びに行きました。
友達のお母さんが「おなかすいたでしょ、お昼食べていきな~」と、言って出したカレー。
ちなみに脂身プルプル肉が入ったカレー。



・・・(TдT)・・・。



・・・想像して下さい。

隣りの家のおばさんが「沢山作ったから食べて!」と言って持ってきた煮物・・・。


・・・・(TдT)!!!



・・・・

・・・・・・絶対ムリ。

いやいや、
お気遣いしてくれる気持ちはありがたい。

でも、本心はお気持ちだけ受け取りたい(コラコラ


もちろん、お腹がペコペコで生きるか死ぬかの瀬戸際でこんな事は思わない。

例えば、近所に食うのも困ってる人や病気の人などがいたら栄養たっぷりの手作り料理を持って行く優しさがある人は素敵だし、ボランティアなどの炊き出しで何個も何個も手が痛くなるまでおにぎり握ってる人は尊敬に値する。


だが、
言いたいのはそういう事じゃない。

普段の日常で『自分に選択権があるフラットな状態』の時に頂く『手作り料理』ほど怖い物はない。


でも、もしそのおばさんが汚い食堂であっても食堂経営してたり、調理師の資格を持ってる人だと事前に情報があれば食べられる。

けど、誰が握ったか分からないようなおにぎりや、隣りの家のおばさん、友達のお母さんとかおもいっきり躊躇してしまう。


どシロウトが作った料理ほど不安感を抱くのだ。

もちろん「食べたら美味しい」と思う事があったとしても、私が言ってるのは口に入れるまでが怖いのだ。



旦那:「でもさー、清潔感があるキレイなおばさんなら大丈夫でしょ?先生(私)が好きな十朱幸代や沢口靖子みたいな人が握ったおにぎりは食べられるでしょ?」

私:「食べられるねぇ・・・あれΣ(´Д` )?!」




人間とは差別をする生き物なのだな・・・。




上記のおばさんの話とは主旨が違うけど、聞いて欲しい事がある↓


遠縁の親戚に料理好きなおばさんがいる。
性格も頭も良く人情味もあり人柄がとても良いのだが、料理がクソまずい・・・。

どうしてこんなにまずく作れるんだろう?わざとまずく作ってるのか??
と首をかしげるほどうんこ・・・いや、クソまずい!!(そもそも味見もしていないんですよ!怒)

そのくせ自分は全く食べず、作った料理を人に食べさせたりあげるのが好きな人なのだ。

だが、貰った人は誰も喜んでいない。


私:「まずいって事を教えてあげるのが真の優しさだと思います、私が悪者になってもいいですよ、言い方は気をつけるので味見ぐらいしろって伝えましょうか?」



義母:「・・・材料は良いものなんだろうけどねぇ(;´∀`)」←逃げる義母。

私:「そういう問題じゃないです、『美味しかったよ』と、言っておばさんを喜ばしてまた作らせるのが優しさですか?貰っても捨てるだけなんですよっ(`Д´#)!

義母:「はははっ(強い嫁が来たもんだ・・・)」


言うべきか否か。
どう思います?
いつかサラッと言ってやろうとは思ってるんですけどね!



ついでだからいっちゃおうっ。

手作りの手芸品類はありがた迷惑なものが多い。

|ω・`)スンマセン・・・。

私も小さい頃からお菓子作り、編み物などが好きでよく人にあげてたけど、今思えばほんと申し訳ないことしてたなァ~、と深く反省してる。

手作り料理のように怖くはないけど、後々迷惑な物になる確率が高い

作った時間を考えると気軽に捨てられないし、いざ捨てようとしてもなんか申し訳なく感じてしまいやっかいだ。


でも!
元同僚にこういう人がいる↓

手作り人形やバックなどを貰うと『わ~、かわいい♪嬉しいな、ありがとう!!』と笑顔いっぱいで受け取る。

その人の前では喜ぶが、家に帰り即捨てる。

私:「あんなに喜んでもらったくせに躊躇なく捨てるね、心痛まない?」


元同僚:「痛まないよ、ゴミだもん(´∇`)でも手紙とか入ってないかちゃんと隅々チェックするし、何を貰ったかちゃんと手帳にメモで残しておくから忘れないよ」



すげぇーー、この人・・・。
いや、これこそ真の優しさ、というものなのだろうか・・・。
相手も自分もモヤモヤしない方法がこれなんだろう!!

ただ『ぼーーーっと生きてる人間』とは一味違う頭の良い人である。


手作り品が全てダメだとは言わない。

ただ、
『喜んでいない人が確実にいる、いや かなりいる
という事実から目を背けてはいけません。

(でもあげる方は自己満足な事が多いだろうから許してあげようっ!笑)





ご来訪ありがとうございます♪
読み終わったら1日1回クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 赤柴犬へ
知らない人に遠慮なく甘えるスーちゃんでも、
知らない人からオヤツを絶対食べないスーちゃんは
にほんブログ村に参加してます♪